看護師だけど他の職種に転職をしたいという方へ

看護師は、患者の命を扱う仕事であるため、肉体的にも精神的にもきつい仕事をしなければなりません。
病院によっては朝から徹夜して次の日の朝まで働かせるということもあります。
しかしそれでいて給料はなかなか上がらず、不満を持って職場を去っていくという人が後を立たないのです。
これはどの病院でも大体同じなようで、結果的に他の職場に行っても意味がないという場合もあるようです。
では、他の職種に転職するという場合はどうでしょうか?


●看護師の資格を生かせる仕事に転職する●

せっかく時間とお金をかけて看護の勉強をしたのですから、その資格を生かせるような仕事に就けるといいかもしれませんね。
そのような仕事を上げてみると、医薬品の開発業、在宅医療、ケアマネージャーなどなど、かなりたくさんの職業が上げられます。
もしまだ医療関係の仕事を続けたいというのなら、このようなところがおすすめなのではないでしょうか。


●ガラッと職種を変えることもできるかも●

他には、教員や幼稚園の先生などにも転職できるようです。
こちらはまた資格をとらなければなりませんが、看護師のあとにこのような職業についている人は多いようなのでこれから目指すことは可能です。
もし子どもに何かがあっても看護師としての資格と経験を生かせるので、教員系になりたいという方はがんばってみましょう。