看護師にはどこかで決断を求められる

看護師は命に係わる仕事。大げさな話ではなく、どこかのささいな判断ミスで生死の問題につながってしまうことも十分あり得ます。
なので看護師の勤務には正しい決断力、正しい決断を行うための豊富な知識。自分の判断を裏付けることのできる行動力も多く求められます。それらは別の仕事にも同じことが言えるでしょうが、ミス一つが直接生死の問題につながる仕事はそれほど多くないのではないでしょうか。
ミス、失敗は誰にでも起こりうる問題です。失敗しない人なんてこの世に存在しません。誰しも等しく失敗してしまうことがありうるので、それいきちんと対処を行えるようにしましょう。


●看護師としての判断力を鍛える●

判断に要する時間は一瞬です。あまり長い時間をかけてしまうと、それによって別の問題を引き起こしたり、他人に迷惑をかけてしまう、看護師としての勤務なら何か症状を悪化させてしまうなんてことも十分あり得ます。
できるだけ早く、確実で正確な判断を行う。これは言うほど簡単ではありません。脳をフル回転させて、答えに早く到達することができるように頭を鍛えておく必要があります。
普段から頭の回転が良い人をしっかり観察することで、自分と何が違うのか、そして何か違うと思うポイントがあればそこをマネすることで、少しでもその人に近づけるように努力しましょう。


●人生にかかわる決断も●

看護師としての勤務以外でも、自分の人生のうえで行うべき決断もあります。それは友人関係上でおこなう決断、恋人との結婚に関する決断。そしてやはり仕事関係での決断は、転職に関することでしょうか。
自分の職場環境をまるごと変えるという転職。転職によって得られるものも多いでしょう。それは給料アップなど簡単な問題だけでなく、転職することで得ることができる多大な経験。それに基づく人間関係。
得ることのできるものは多いでしょう。何かを得るための行動だけではないかもしれません。
行動することにおいて、何かを得ようとして動くのは決して良いことばかりではありません。時には今まで得たものを返す。与えることによってまたそれで自分が何かを得るためのヒントとすることができるでしょう。
看護師という仕事は人に献身的に接する仕事です。人に与えることができる、それが苦痛にならない人だけがこれを続けていけるのです。人に献身的になることは簡単ではなく、誰にでもできるものではありません。自分の適性についても一度考えてみる必要がありそうです。