月別アーカイブ: 2014年2月

看護師が転職する理由を教えてほしい

看護師の転職サイトを最近ではよく見かけたりもしますが、実際に転職をされる方はどのような理由でされるのでしょうか。
ただ単にするのではなく、待遇面での不満や配属先の不満などが挙げられています。
特に効率よく仕事をこなしている方は周囲の方よりも働いているのにその勤務能力に見合った給料をもらえていないと考えて行動を起こしている方が多いのだそうです。
また、内科だけの希望だったはずが外科や救急に配属されたという希望職種につけなかったときに辞めてしまう方もいらっしゃるみたいですよ。


看護師は夜勤が大変?

看護師になり病院で働く以上避けられないのが夜勤だと思います。
夜勤が忙しい、勤務時間が長いなど体力的な問題で辞めてしまわれる方も多いのだそう。
若い時はまだ何とかなっていたものが歳をとるにつれて体調を崩してしまう事もあったりと悩みを抱えている方も多いみたいです。
体力的につらくなってしまうのは忙しいからどうしても仕方がないのかもしれませんね。
また、精神的負担によって辞めてしまう方もいらっしゃるみたいですよ。


人間関係がきっかけの方も

中には人間関係がうまくできずに辞めてしまわれる方もいらっしゃるみたいです。
特に看護師の職場は女性が多いですので、そんな合わない方との夜勤などは大きなストレスとなっているようです。
男性の方も最近では少しずつ増えてきましたが、まだまだ女性の方の方が多いですのでそういった人間関係に悩んでしまう方も増えているみたいです。
これはどの職場でも同じですので、限られたことではないかと思います。

看護師の白衣やグッズもかわいいものが増えている

看護師の服装といえば、ナース服ですよね。白衣の天使などと表現されることもありますが、現在ではやわらかい色のついたナース服を選ぶ病院も増えてきています。病院指定のものや、病院のルールに沿っていればどのようなナース服でもいい、など病院によってルールも違うそうです。


看護師が毎日袖を通すから好きなものを

ナース服は看護師にとっての制服のようなものです。もちろん規則に従わなくてはいけませんが、せっかく着るならかわいい制服を着たいというのは、女性なら誰でも思うのではないでしょうか?色や形がお気に入りだというだけでも、テンションは少し上がりますし、気持ちも引き締まることもありますよね?毎日の仕事だからこそ、ハードな仕事だからこそ、白衣はかわいいお気に入りを身に着けたいと思いませんか?


転職するなら、服装の条件もチェック

転職を考えているのであれば、ナース服の条件や指定服の有無なども確認してみましょう。小児科や心療内科など一部の病院では、白衣を着用することで患者さんが委縮してしまうという理由から、白衣を利用しないというところもあるそうです。そのようなところでは比較的カラフルで動物などの模様をモチーフにしたナース服を着用する看護師が多いと言われています。

看護師に転職する時には業務を確認しよう

気を付けておきたいのはその仕事内容についてだと思います。
ご自分が希望された職種につけるのかどうかについて、他の業務があるのかどうかについてなど事前に聞いておかれることをお勧めします。
看護師のお仕事はとても大変で忙しいものですから、できればその他の業務は無い方が助かりますからね。
前もって把握しておくことで仕事も進めやすいかと思いますが、皆さんはどう思いますでしょうか?


看護師として成長しよう

看護師の方が少しずつ転職をされているみたいですが、ご自分の成長につなげるチャンスだと考えている方も中にはいらっしゃるみたいです。
マイナス思考ではなくて、前向きに物事をとらえて行動されている方も多いのだそうです。
環境が変わってその場所で自分はどこまで成長することが出来るのか、とお考えなのだそうですよ。
確かに人の命を支えたりお預かりをするお仕事ですので、向上心をお持ちの方がおおいのかもしれませんね。


病院以外でも活躍が出来る

看護師というお仕事は病院だけではなくて他の場所でも活躍することが出来ます。
保健所や看護学校の教諭としても活躍が出来るみたいですので、なんだか不思議な感じがしますよね。
看護師といったらやはり多くの方が病院を思い浮かべるかと思いますが、活躍できる職場は幅広く色々な分野から必要とされていますので選択肢も多いです。
その中からご自分に合った環境ややりたい仕事を選ばれるのが良いかと思いますよ。
その際には必ず勤務先について調べるようにして、転職を成功させましょう!

看護師の七つ道具

看護師の転職サイトなどが人気なのだそうです。時間が不規則な仕事ですから、やはり管理も大変ですよね。ところで、ナースを見るとポケットからなんでも出てくるというイメージがあります。特に入院病棟では患者さんの申し送り、検査などの同意書、点滴に記入する開始時間などを非常に様々です。看護師のポケットや看護師が普段持ち歩いている定番のものをご紹介します。


看護師七つ道具

ナースが必ず持ち歩くものに、時計やストップウオッチ、聴診器、ペン類、メモ帳、はさみなどがあります。入院病棟の場合は点滴の管理も行うことから、小さな電卓を持ち歩く看護師も少なくありません。そして夜勤で活躍するのが、マグライトです。眠っている患者さんを起こさないように小さな明りで点滴がきちんと落ちているか、治療した部分に異常がないかどうかなどをチェックしています。


印鑑やテープ類も持っている

看護師で工夫は違いますが、点滴などを止めるテープなどもナースは常に持っています。また一つずつ個別包装されているアルコール綿は消毒をするのにはもちろん、点滴に油性マジックで間違えて書いてしまったときにマジックを消すことに利用するという知恵を持っているんです。また名前を聴診器は血圧を測るときの必需品です。七つ道具はナースによって違うもので、専用のナースグッズ通信販売サイトもあるそうです。

看護師の給料はどれくらい?

看護師の方の転職が今では少々目立ちますが、実際に看護師の方はどのくらい給料をもらっているのでしょうか。
やはり仕事内容がとてもあるので皆さんの中には興味を持たれている方もいるのではないかと思います。
場所によって異なってきますので断言はできませんが、初任給で25万円前後なのだそうですよ。
民間の病院よりも国立の病院の方が優れているようです。
場所によって異なってくるのも理由の一つなのか、転職をされている方も今はやや多いようです。


看護師の夜勤手当は?

現在、看護師の夜勤手当は決して十分な金額ではないと言われているみたいです。
夜勤手当は給料に影響してきますので、やはり最初に確認しておきたいところ。
前もって調べられる部分は調べておくのが良いですし、質問してみるのも良いかと思います。
やはりそこで働くのですから、しっかり調べて情報を集めましょう。
夜勤手当といっても準夜勤と深夜勤でその金額も変わってくるみたいですので、それに関してもよく調べておきたいですね。


憧れる職業の一つ

小さいお子さんの中には看護師を将来の夢としている子もいるかと思いますが、皆さんは幼い頃どうでしたでしょうか。
女の子でしたら憧れていた方も多かったのではないでしょうか?
実際は人の命を支えて預かるお仕事ですので、責任感が強い方がなられるのが良いのかもしれませんね。
確かに大変かもしれませんが、やりがいもありますし誰かの為に何かが出来るというのは非常に素敵なことだと思いませんか?