月別アーカイブ: 2014年3月

看護師のナース服が進化している

看護師というと、ナース服をイメージする人も多いかと思います。ナースキャップは衛生面や、点滴などにキャップがぶつかってしまうというデメリットがメリットよりも多いと判断され、現在は利用されている病院も減ってきています。


●看護師の制服も時代と共に変化している●

看護師の制服であるナース服は、現在、大きな変化を迎えています。特に小児科などでは真っ白いナース服を着用した看護師を見る機会が減ったと思いませんか?実は、白衣は子どもや患者さんに緊張感を与えることから、とくにデリケートな子どもから体調を上手に聞き出すには、向いていないと判断されているそうです。転職を行う場合は、ナース服に対してどのくらい柔軟な対応を行っているかを知っておくといいかもしれません。


●かわいいエプロンを着用することも●

小児科では、ナース服や白衣の上に、かわいいエプロンなどをナースが着用することで、患者さんの緊張を和らげるという工夫を行っています。転職を希望する場合、勤務する科によってはこのように、他の科のナースとは別に準備しなくてはいけないものもありますので、あらかじめきちんと聞いておきましょう。また名札などもディズニーキャラクターモチーフのものが増加しているなど、ナースが非常に近い存在として親しまれる制服を着用する日も遠くないと言われています。